【ネタバレ】「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」2D・日本語吹替版 感想

ネタバレ注意!
この記事は映画本編をご覧になった方向けに書かれています。
まだ本編をご覧になっていない方は早急にお戻りになって下さい。

続きを読む

スポンサーサイト
Check

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」3D・日本語吹替版 感想

改めまして、キャリー・フィッシャーさんのご冥福をお祈り致します。

・レイア将軍、宇宙からの帰還!序盤の宇宙戦における攻撃でレジスタンス司令船のブリッジが破壊され、レイアは宇宙空間に投げ出されたのですが、突然覚醒して宇宙服も無しに船内に戻りました。間違いなくフォースを使ったのでしょう!
・アクバー提督死亡。先の攻撃でどうやら死亡したらしいです…。旧三部作では「ジェダイの帰還」にしか登場していませんが、前作「フォースの覚醒」で映画に再登場したので、ボバ・フェット以上のあっさり退場をしてしまい、もの悲しい気持ちです…。
・一方、「フォースの覚醒」からの続きでルークを探し出したレイはライトセーバーを渡すのですが、ルークの反応は「君は誰だ?」でも「これをどこで?」などでもなく、何と無言でポイ捨て!若き日の象徴的なアイテムでもあり、父アナキンの形見でもあるそれをあっさり投げ捨てるとは…そこまで人が変わるほどの経験をルークがして来た事が感じ取れました。
最高指導者スノーク、あっさり死亡!結局、スノークの正体は明かされずじまいでした。しかも目の前でカイロ・レンの裏切りに気付かないとは、その点ではダース・シディアスに劣っていたという事かも知れません。
・前作の謎の一つ、レイの両親の正体が明かされました!その正体とは…“誰でもない”。ルークでもハン・ソロでもありません。無名の一般人がレイの両親の正体だという事でした。今作はシリーズ最大の衝撃という触れ込みでしたが、確かに予想の斜め上という意味で最大の衝撃でした。
・飛び出して行ったレイを見送ったルークの元に現れたのは、何とヨーダの霊体!相変わらず深い言葉を残してくれました。
ルーク・スカイウォーカー、逝く。追い詰められたレジスタンスが撤退する時間を稼ぐため、カイロ・レンの前に立ちはだかったのですが、それはフォースを通して送られた幻でした。そして戦いの後、力を使い果たしたのか、宇宙への憧れを抱いていた遠い日と同じく、二つの夕陽を見つめながら消えていきました…。「シスの復讐」を映画館で観た私としては映画史上に残るヒーローの誕生と最期を同じ映画館で目撃した事になり、胸に迫るものがありました。しかし、オビ=ワンやヨーダと同じく体が消滅したという事は次回作「エピソード9」で霊体化する可能性が高いと思われます!今回序盤ではハラハラしたものの、オビ=ワンの気高さとヨーダのユーモアを併せ持つ真のジェダイ・マスターとしてのルークを最後に見る事が出来て良かったです。「最後のジェダイ」を観終わってルークがさらに好きになりました。
・ルークの吹替はもちろん島田敏さん!そもそも島田さんは前作でも一言だけルークを演じているので、続投は島田ルーク世代として本当に嬉しい限りです。
・「帝国の逆襲」を初めて観た時のような何が起こるか分からない緊張感。そして、新しい世代と新たな冒険への期待と希望を感じる事が出来、とても満足出来ました。 Check

「ジャスティス・リーグ」2D・日本語吹替版 感想

“いい意味”で「アベンジャーズ」の二番煎じでした!すなわち最高だった!という事です。これからのDC映画の展開にもとても期待出来る内容でした。前二作の監督であるザック・スナイダーによる演出と、「アベンジャーズ」の監督であるジョス・ウィードンによる追加撮影と、今までの暗いイメージを払拭しようとするワーナー・DC側の意図が上手く噛み合った印象でした。
・スーパーマン復活は予想通りでしたが、ジェネシス・チェンバーとマザーボックスによる蘇生までの過程が丁寧で、自然な流れになっていたと思います。
・今回から本格参戦のヒーローではフラッシュに注目しました。落下中のワンダーウーマンに剣を押し上げるシーンや、マザーボックスに電力を送るシーンは手に汗握る名場面だったと思います。
・グリーン・ランタン・コァとダークサイドについても少しだけ触れられました。「ジャスティス・リーグ2」での登場を期待しています!
・ゲイリー・クラーク・Jrによるビートルズのカバー「カム・トゥゲザー」も世界観に合っていて良かったです。「マイティ・ソー バトルロイヤル」の「移民の歌」といい、最近のハリウッドは懐メロを効果的に使っているようです。
・エンドロール後にレックス・ルーサーとデスストローク登場!デスストロークのシーンはカットされたという噂を聞いていたので期待はしていませんでしたが、残っていて良かったです。似ていますが、デッドプールではありません。
・吹替は声優のみの起用でしたが、フラッシュ役の小林親弘さんが細谷佳正さんに交代してしまいました。マーベルの「アベンジャーズ」と同じく、知名度優先のために集大成映画で声優が変更という異常事態がDCでも繰り返されてしまいました。「アベンジャーズ」に続き、こちらも署名活動を行っています!
・ザック・スナイダーによるディレクターズ・カット版の発売を求める署名活動が行われているようです。実現したら「スーパーマンII」のリチャード・ドナーCUT版に倣って「ジャスティス・リーグ ザック・スナイダーCUT版」といった所でしょうか。私はchange.orgから事実上登録を断られた身なので参加は出来ませんが、実現したら観てみたいですね。 Check

「マイティ・ソー バトルロイヤル」3D・日本語吹替版 感想

・まず何と言ってもテーマ曲であるレッド・ツェッペリンの楽曲、「移民の歌」です!歌詞に北欧神話の要素が入っているのですが、バトルシーンでの使われ方が絶妙で場面を盛り上げてくれました。
・ソーは前作でオーディンに化けたロキを早々に自供させ、本物のオーディンを迎えにニューヨークへ行くのですが、そこにドクター・ストレンジ登場!ストレンジの映画にソーが出ていましたが、そのシーンと綺麗に繋がりましたね!
・ムジョルニアを傘に変え、地面を叩く事で元のハンマーに戻すシーンがありましたが、あれは原作オマージュですね。原作初期のソーは脚の悪い人間の医者に転生していて、持っている杖で地面を突くと杖がハンマーになり、雷神の姿に戻るという設定がありました。
・ウォリアーズ・スリー、死の女神ヘラの襲撃で瞬殺!浅野忠信さん演じるホーガンは他二人よりちょっとだけ持ちましたが…。
・久々登場のオーディンの武器庫。一作目で登場した右手用のインフィニティ・ガントレットは偽物と判明しました!やはりサノスが持つガントレットこそが唯一無二の本物だという事を今の内に示すべきという製作側の判断でしょう。他には懐かしの四次元キューブも。ロキがキューブをチラ見していましたが、あの時持ち出したのかも…。
・「シビル・ウォー」の殺伐とした雰囲気と対になるような、コメディテイストな要素の多い作品でした。最近はどの媒体も凄惨な話が多くて辟易していた所だったので、久しぶりに肩の力を抜いて楽しむ事が出来ました! Check

「スパイダーマン ホームカミング」2D・日本語吹替版 感想

・ヴァルチャーの正体はトニーの作った組織に仕事を奪われた社長でした。デアデビルといい、本当にニューヨーク決戦から全てが変わったんですね…。
・チタウリとの戦いから8年後の設定らしいですが、公開年に合わせるとニューヨーク決戦は2009年に行われた事になってしまい、逆に「アベンジャーズ」の公開年に合わせると「ホームカミング」は2020年の事件という事になってしまいます。「シビル・ウォー」でのヴィジョンの発言といい、インフィニティ・ストーンの出現で時間線が捩れを起こしているとでも言うのでしょうか!?
・ピーターの自撮りから始まるオープニング。ハッピーとの掛け合いは最高に笑えました。
・空港でトニーがピーターを呼ぶシーンでは、台詞が「シビル・ウォー」と同じ「レオタード君!」だったので一安心でした。
・高校生スパイダーマンの葛藤と成長をメインに据え、友達に誤解されたりスーツを没収されたりと苦難にも遭いながら乗り越えていく姿が素晴らしかったです。今までのスパイダーマンの中で一番だったかも知れません。
・トニーが言う「スーツが無きゃダメなら、スーツを着る資格は無い」という言葉の意味は、最後に頼りになるのはスーツの性能ではなく自らの心の強さだと言いたかったのだと思いました。実際トニーは「アイアンマン3」で、スーツではなく自分自身がアイアンマンだという結論に達した訳ですから。
・アイアンマンがフェリーに駆け付けるシーンですが、「シビル・ウォー」でソコヴィア協定が批准されているので、事件が起きた後で国連の委員会が許可しなければ出動は出来ないはず。早速協定違反か?と思いましたが、「FBIは僕が呼んだ」という台詞もありましたし、トニーはあらかじめ国連に知らせていて、出動は許可が降りた後だったのかも知れません。
・ペッパー再登場。さらにアベンジャーズ入りを断ったピーターの穴を埋めるために婚約会見!トニーもまた一歩前進したようですね。
・藤原トニー復活!この映画は観る予定には入っていなかったのですが、藤原さんが復帰されるという事で急遽観る事にしました。
・水瀬いのりさん、伊波杏樹さんも出演!プリキュア声優とラブライブ声優!さらに美山加恋さんも出演との事で、キュアホイップとキュアパルフェの共演!これこそ真の豪華声優陣です! Check

Facebookウィジェット

プロフィール

CreeChesterfield

Author:CreeChesterfield
→初めにお読み下さい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
515位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
135位
アクセスランキングを見る>>

FC2Blog Ranking

カレンダー&天気予報
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
ブロとも一覧
Twitterウィジェット(Cree)
Twitterウィジェット(XP)
blogram
blogram投票ボタン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ
QR

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ